【コラム】おうちコンテスト考査


こんばんは。
たまにはコラムでも書いてみようかとどうぶつの森ハッピーホームデザイナーのおうちコンテストについての考査を書いてみます。
私は長文書きで長文になりますので、面倒臭い方は頭・中・終わりを読んでいただければ概ねなんなんだかわかるかと思います。もっと大雑把に言うと頭と終わりです。

私はべらぼうな任天堂オタクで今でもファミカセを実物で300本以上所持していますし(大昔の引越し時にレア物箱をガバっと盗まれてしまったこともあってそれでも数を減らしてしまいましたが)、海外のバッタものファミコンハードも複数台所持していますし(これは任天堂からしたらヤメテケロ行動だと思いますが)、あの伝説の全く売れなかったバーチャルボーイも必死にソフトを揃えて今でも現役機ですし、私ほど心の底から任天堂のことが好きな人はいないんじゃないかと自負しているのですが、本ゲームのツクッターとおうちコンテストに関してはもっと任天堂のプライドを賭けて精査して世に放って貰いたかったという気持ちがあり、コラムを書いてみた次第です。

ええ、私たちだって悪いんです。
私は今まで任天堂のハードは全て即買い続けてきましたが、遂にWiiUは発売よりだいぶ遅れて購入した体たらくなので、任天堂さんもそこまで余裕かまして作りこんだりしていられなかったのかもしれません。

しかしですね、私はどうぶつの森シリーズにおける「部屋作り」がそれはもうべらぼうに好きなのでどうしてかなーなんでかなーが重なって今回のおうちコンテストは作ってはみたものの参加を取りやめ、普通の住人の部屋で好きに作ってみました。

コンテスト参加するのやめて自由に作ろうかなと思っていたところに、ツイッターでフォローしているもち太郎さん(@mochi_taro_san) (ちなみに彼女も一貫してとても独創性があってブレずに面白い作品を作る作家さんのひとりです)がコンテスト家具を使っていれば部屋設定は何でもアリな「#裏おうちコンテスト」を開催してくれたので、なんか私がやりたかったコンテスト部屋の作成ってこれだって思って、しっくりときて、着地点が見つかったなって思った次第だったりです。

作っても40位以内に入らないと消えちゃうコンテスト。入っていたって入りきるまで自分の作品に行けないコンテスト。アップした直後に新着見ても自分の作品を見たことがないコンテスト。

縛りがあるということはゲーム性がそこに生まれると思うからゲームとして考えは間違っていないのかもしれないけれども、でも、立地・天候・部屋の広さとワンルーム縛りになると、似たり寄ったりなものにどうしてもなってしまうと思うし、コンテストにエントリーした時点のゲーム内の昼夜で固定されてしまって時間軸を変えて多面的に家を見てみることもできなくなってしまうから、私はそれはとてもつまらないように思ってしまうのでありました。
その不自由さは、ゲーム性を超えて浅い表層の表現にせざるをえない表現に固定されている感があり、だから私は自由に作ろう、コンテストには参加するのやめようという地点に到達しました。

私は二度優秀賞には入っていますが、ツイッターで様々な方々と交流しているからそれなりに票が入ってギリギリラインで入っているだけであって、もっと優れた作品もいっぱいあると思っています。
私なんかだと完全に暇人枠で暇で露出が多いパターンでそういう風になっているけれども、そうでなくてなだけで浮上していない人なんて本当にゴマンといるのが現ツクッターです。

だから、票数とかなんだかなんてわりとどうでもいいことなので、好きなものを好きにみんな作って欲しいです。
ウケてもウケなくても誰かが想像して作ったお部屋が私はいっぱい見たいです。
失敗か失敗でないかといえばツクッターの部分でいったらもう大失敗コンテンツだと私は思っています。
だから、票が少なくても何でも、自分がへっぽこだからなんて思わないで好きに作ろうよーって思うのです!!

好きに作ろうよ、枠を越えようよ、私は見にいくよ委員会係長 ことりより


【住人】ガブリエルの改造人間LABO


お次のどうぶつの森ハッピーホームデザイナーはガブリエルです。

ガブリエルからのオーダーは「夢は改造人間」とのことだったので改造人間LABOを設計しました。

こちらのお部屋はニンテンドードリームさんのニコ生放送で紹介して頂けたので、そのへんの解説もつけようと思います。
ニンドリさん、紹介してくれてありがとうございました!!
【ツクッターID 0198-7784-230】

ガブリエルは人の役に立ちたくって、目の見えない人の目が見えるように、歩けない人が歩けるように、もっと高速で思考したい人が思考できるようになるように、もっと光のように走りたい人が走れるように、
人に足りないところを足して改造してあげようと思い日々研究しています。

しかし、足りないものを足す部品=生物を製造しているが故、マッドサイエンティストとして迫害され、にぎやかな街を去り、過疎の町でひっそりと研究所を構えて活動しています。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真
ガブリエルが越してきた過疎の町。
みんないなくなっちゃったけれども、風の通る町で風車が美しい町です。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

研究所内。
体が不完全だったけれども足りないものを足してもらった少女と一緒に暮らしています。
筒の中で培養されているものは、それぞれ部品になる生物のプロトタイプです。
(クリオネ的な何かもクリオネ的な臓器です笑)

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

ここでは部品の埋め込み作業をやっていて、少女も時々お直ししてもらっています。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

この部屋では高機能な脳を培養しています。
中央の血管の模型くんはベースになる脳機能データで、培養管と接続されています。
自身の脳データはベッドに横たわるとバックアップが取れ、培養した高機能ブレインにデータ移管されます。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

地下は自室です。
このナポレオンフィッシュはなんなんだとのことでしたが、単なるペットです笑

でも一応私の設定上ではこのナポレオンフィッシュのナポやんも脳細胞を埋め込まれていて改造された5歳児並の知性と10歳児並の知能を持った魚です。
身体的なデータ観測も行っていて、研究に貢献しているナポやんです。

という改造人間LABOなのでした。

本当はマッドサイエンティストではなく優しい心のガブリエル。
いつかみんなにわかってもらえたらいいね。未来は明るい!

ニンドリのニコ生はリアルタイムで観ていつつも、いろんな人の解釈が見てみたかったのでコメントでは敢えて解説しなかったですが、実はホラーでも怖い研究所でもなんでもなく人のプラスになりたい優しい心の研究所なのでした。

でもいろんな解釈、面白かったです!ありがとうございました!!

【ツクッターID 0198-7784-230】

【SP住人】しずえ&たぬきちファミリーの高原の別荘


お次のどうぶつの森ハッピーホームデザイナーはしずえさんです。

すっかりたぬきちの嫁にされてしまっているしずえさん。
今回は高原にあるたぬきち所有の別荘に家族で遊びにきてみました。

【ツクッターID 0505-7735-038】

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

高原の別荘でランチ。空が広い!

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

室内。
テラスと庭とが繋がっていてここでもバーベキューが楽しめます。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

キッチン。
バーカウンターもついているので夜は大人だけで楽しめます。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

テラスでのんびりお昼寝。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

気持ち良さそうな幸せファミリーなのでした。

【ツクッターID 0505-7735-038】

【住人】丘の上のモサキチクリニック


お次のどうぶつの森ハッピーホームデザイナーはモサキチくんです。

モサキチくん!!私の最も好きな最愛の森の住人!!
ちなみにとび森はモサキチくんに引っ越されたことがトリガーになってやめてしまいました。
そしてたしか街森の時かな??にやはりモサキチくんに去られて悲しくてその直後に迎えたセキセイインコにモサキチと名をつけてしまいました。

という余談はさておき、丘の上のモサキチ邸です。
モサキチくんからの依頼は「町の小さな診療所」でしたが、モサキチくんには医師として最高の立地に医院を建ててやらねばならぬと思い、私が「ブラックジャックんち」って呼んでいる立地の海辺の崖エリアに医院を建築しました。

というわけでモサキチくんの設定は「普段は粛々と素朴に子供からお年寄りまで診ているけれども実は天才無免許外科医」という設定です。高額請求しないブラックジャックです(笑)

【ツクッターID 0602-7731-023】

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

モサキチクリニック開院!

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

モサキチクリニック内。みんなそんなに悪くなくてもモサキチ先生に会いにきます。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

小児科もイケる万能のお医者さんです。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

奥は処置室。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

モサキチくんなりの気遣いで不器用ながらも子どもが怖がらないようにクマのぬいぐるみとか置いてみています。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

二階は私とモサキチくんの自室。
ええ、そうです!私は普段はナースをやっていてここからタヌキハウジングに出勤しているのです!!

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

モサキチくん、好きだぁぁぁぁ!!!

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

というわけで、モサキチくんとの暮らしはとっても幸せなのでした。
もう突然引っ越したりしないでね、モサキチくん!

【ツクッターID 0602-7731-023】

【公共施設】路地裏のオフィス街


お次のどうぶつの森ハッピーホームデザイナーはオフィスです。

オフィスは以前「今夜も残業商事」という会社をやっていましたが、住人依頼でもオフィスの依頼があるので公共施設の方のオフィスは毛色を変えようかなと思い作り直してみました。
路地裏で暗躍しているオフィス街を作っていたのですがだんだんただの路地裏になってしまいました。

というより、路地裏ってよりアンダーグラウンド、地下って感じです(笑)

【ツクッターID 0398-7735-911】

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

それでは路地裏オフィス街1階から解説していきましょう。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

入り口付近にはみんなが大好き宝くじ売り場です。
ナンバーズのロゴが酷過ぎるので写真撮った後に少し描き変えました(笑)

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

ヤブ眼科。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

謎の新薬研究会社。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

路地裏理容。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

そしてここでの一番の良心??
ここで迷いし者の心を救ってくれる、かもしれないスズムシ占い屋。

というわけでお次は二階です。
どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

二階はまた何気にカオスです。

CUVzpL1U8AA4vrO

そこで借りてはダメ、絶対。な消費者金融。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

おじいさんとかおばあさんを騙すインチキ健康食品屋。

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー写真

の、傍に構える路地裏交番。
ちっとも交番として機能していません!

という、路地裏というか地下シティというかな路地裏オフィス街でした。

【ツクッターID 0398-7735-911】

任天堂どうぶつの森ハッピーホームデザイナーでいろんな庭や部屋を建築中